KANOUSEIプロジェクトとは?

WEB制作企画・インターネット広告運用・ASPを展開する株式会社ONE FOR ONEが中心となった、子どもたちの可能性を拡げていくプロジェクトです。主に、児童養護施設で生活をする子どもたちを中心に「人生の選択肢を拡げる」活動を行っています。

具体的に何をしているのか?

本プロジェクト立ち上げのきっかけ

児童養護施設での実習生活 株式会社ONE FOR ONEの代表である広瀬信一は元々、保育士として子どもたちの教育に携わっていました。 学生時代に静岡県にある児童養護施設に2週間の住み込みで実習を行いました。そこではじめて児童養護施設で生活をする0歳〜18歳の子どもたちに出会いました。 彼らは皆、様々な理由で両親と一緒に生活していくことができない子どもたちです。死別、育児放棄などのネグレクト、虐待、お父さんが刑務所にいるという子どももいました。 ただ子どもたちは、様々な家庭の事情を抱えながらも施設の先生方に守られながら、明るく、懸命に毎日を生きていました。

独り立ちしないといけない子どもたち

児童養護施設で生活をする子どもたちは、18歳になれば家である施設を出て、自立をしないといけません。 様々な支援によって進学する子どもたちはいますが、そのほとんどが施設を出て、就職し、一人で生活を送っていくことを選択します。進学希望を希望しても経済的な問題から進学を諦めざるを得ない状況でした。 就職する子どもたちは、どんな仕事をしたいかということよりも、住み込みで働けることを基準に就職先を探すため、仕事にマッチせずに、数ヶ月で辞めてしまうケースが多いと、当時の先生や、施設を出た子どもたちから聞きました。

生まれた環境で選択肢が少ない子どもたち

私には両親がいます。たくさんの愛情を注いでもらい、何不自由なく育ててもらいました。私のやりたいことを全力で応援してくれ、失敗しても励ましてくれ、たくさん支えてくれました。 ただ、児童養護施設の子どもたちに出会ってからは、私が当たり前だと思っていた家庭環境が、ぜんぜん当たり前ではないことに気が付きました。

最後に

私たちはただの広告代理店ではありません。 クライアント、お客様に価値を提供し、関わる人の可能性をどんどん拡げていきます。 更に私たちはKANOUSEIプロジェクトを通して、子供達の選択肢を増やし、可能性を拡げていきます。 生まれた環境が少しだけ違うだけで、子どもたちの可能性が小さくなってしまうことがおかしいと私たちは考えています。 今まで、両親、家族、友人や仲間に支えられ、共に生きてきた私たちが、企業理念である「倍恩返し」の精神をベースに、多くの子どもたちの可能性が拡がることに1ミリでも貢献できれば、これほど幸せなことはありません。 創業から5年経った株式会社ONE FOR ONEの、次の展開にご期待ください。

広瀬信一

1982年生まれ / 横浜市中区出身 元保育士。 鶴見大学短期大学部保育科に首席入学。卒業後、2002年に世田谷区役所入所。入所後、保健福祉部保育科(現子ども科)配属。世田谷区立三軒茶屋保育園の保育士として勤務。2008年、SEMコンサルティング会社の株式会社ロージー入社。メディア事業部長として広告代理事業に従事。退社後、2015年1月28日に株式会社ONE FOR ONEを設立、代表取締役社長に就任(現任)。日本元気塾米倉誠一郎ゼミ5期生。

【目的】社会に向け価値を次々に提供し貢献する、たくさんの「ありがとう」に溢れるインターネットカンパニーの構築。

お問い合わせ

会社名
株式会社ONE FOR ONE KANOUSEIプロジェクト事務局
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-1-11 IVY WORKS 2F
HP
https://1for1.jp/
MAIL
kanousei@1for1.jp
TEL
03-4216-8155 (受付時間10:00〜18:00)